新築一戸建て購入にあたって必要になる費用とは

新築一戸建て購入にあたって必要になる費用とは

土地や建物を購入する代金以外にもさまざまなお金が必要になります。


まず、住宅を購入するには各種の税金がかかります。

土地の所有権移転、家屋の所有権保存、住宅ローンに対する抵当権の設定などの登記を申請するときには、登録免許税が課税されます。そして、不動産を購入することに対しては不動産取得税がかかります。

山科の賃貸をご紹介します。

ただし、住宅用家屋とその敷地には軽減措置が設けられているので、実質的には課税されない場合もあります。



また、住宅や土地の売買契約書、建築工事請負契約書、住宅ローンの契約書など各種の書面を作成する際には、印紙税が課されます。



もちろん消費税も適用され、新築一戸建ての建物代金の他、不動産業者や金融機関、司法書士や土地家屋調査士などに支払う手数料にも課税されます。

さらに、住宅取得資金の贈与を受ける場合には、贈与税の対象になります。
また、税金以外にも、新築一戸建てを購入するにはさまざまな手数料が必要です。

新築一戸建て住宅の場合は媒介業者が間に入ることが多く、その場合は媒介手数料がかかります。

司法書士に登記申請手続きを代行してもらうには、登録免許税とは別に司法書士に報酬を支払わなければなりません。

同様に、新築建物の表示登記を行うための建物測量を土地家屋調査士に依頼する際にも報酬を支払います。

これらの費用に加えて、住宅ローンの申込み、借り入れに伴う費用も発生します。

新築一戸建て購入の際には、売買契約が終わった後で思わぬ出費に慌てることがないよう、あらかじめ必要な費用をきちんと把握しておくことが必要です。



Copyright (C) 2014 新築一戸建て購入にあたって必要になる費用とは All Rights Reserved.