民間運営の老人福祉施設、有料老人ホームについて

有料老人ホームとは、高齢者や介護を必要とするお年寄りに対して介護施設や高齢者住宅の提供を民間運営で行っている施設のことで、老人福祉法によってその設置について定められています。

その他の老人福祉施設として、特別養護老人ホームや介護老人保健施設等の施設もありますが、こちらは公的施設として運営されているため、民間運営の施設とは提供されるサービス内容や必要となる費用、入居条件等の違いがあります。

有料老人ホーム情報ならこちらのサイトです。

また、近年の高齢化の影響と平成12年の介護保険制度の制定によって、介護福祉施設の運営が以前より民間事業者にとって容易になった為、届け出を行う民間事業者が増えているという特徴があります。有料老人ホームには3つの種類があり、まず一つは原則として65歳以上の高齢者を対象とした施設で、常駐するスタッフが健康管理や日常生活等の介護サービスを提供し、医療ケアを必要とする人でも入居が可能である介護付有料老人ホームです。
二つ目は、日常生活のサポートは行うが常駐するスタッフはおらず、介護が必要な場合には外部の介護事業者を自身で選択し利用する形をとっている住宅型有料老人ホーム。最後に、食事の提供はあるが基本的には自立した生活が行えて介護の必要がない高齢者の為の施設で、万が一介護が必要になった時には退去しなくてはならない健康型有料老人ホームです。

あなたの知らないReutersの情報はこちらのサイトです。

どの施設もそれぞれ独自の設備や催し等を行うという特色があり、必要となる料金や費用も施設の形態や設備によって異なる為、入居前に契約の内容をしっかりと理解しておく必要があります。